『鹿沢温泉 湯本 紅葉館』 群馬県

8月21日(水)

出不精(デブ症ともいう^^;)の私を
無理やり連れだし、伺ったのはこちら ↓


画像


       『鹿沢温泉 湯元 紅葉館』 さん。

             ↑ HPです。

        群馬県吾妻郡嬬恋村田代681


              0279-98-0421


         
          源泉 雲井の湯
                 (加水加温なし源泉かけ流し)


          泉質 マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉




画像画像


道路反対側に砂利敷きの駐車場あり。

『新創刊・温泉博士』 を利用しての入浴

今回からすべての施設の所に 【要 確認】
文字が入ったため、人としゃべることが大の苦手な私が
(面と向かってもダメだし、電話なんて尚更じゃい!)
    ↑ って威張ってどうする (^^;

しぶしぶ(笑)電話をかけてみた。。。。。


出てくださったご主人と思しき人の対応が
めちゃくちゃ優しくて、なんだかとってもホッとし(#^.^#)
ほっくりホクホクと胸のあたりが温かくなった♪

  (快諾していただいた事は言うまでもない ^^♪)


画像


ここが温泉の入り口だったのですが
鍵がかかっていて入れない。。。


画像


初めての訪問だったので、様子もわからず
ズズィ~~~っと建物の先まで行って
川側にまわってみたら玄関があったよ。

画像

木の香漂うスッキリとした玄関内には
≪日本秘湯を守る会≫の提灯が。

豪華な胡蝶蘭も おもてなしの準備 万端です


フロントにある呼び鈴(カウベルのような ^^)を鳴らすと
さっき電話に出てくださったご主人が登場♪

温泉への入り口はこちらではないという事を教えてもらい
鍵がかかっていることを伝えると、開けに行ってくださった。


元の場所に戻り、建物に入って行くと
お蕎麦をいただける畳敷きの広間をぬけて
  (お蕎麦をいただくには、予約が必要なようです)

画像


廊下を進んだ先に温泉の入り口があった

反対側の階段は宿泊者専用の入り口。

この階段を下りた所に・・・・・・・・・・・・・(^^)

画像


画像


ありましたよ~

   ≪源泉かけ流し 雲井乃湯≫


画像

脱衣所は 木の棚に直接衣類を入れるタイプ。
  (籠は二つありました。)

『浴室内の床が滑りやすいので・・・・・』との
貼り紙がそれほど広くない脱衣所に
3枚ほど貼り付けてあります。



画像

こちらは男性の方の浴槽。。。。。♪
どなたもいらっしゃらなかったのでパシャリ

画像

こちらが女性用の浴槽。。。男性用とほぼ一緒
 (ちょっと男湯の方が大きかったような??・・・被害妄想か?www)


ここで 貼り紙が多かった事の理由が判りました。

ホントに、本当に 床が滑るんです。。

全体が滑るって事ではありませんが、一部が
スケートリンクの氷よりも滑ってしまいます(^^;

どこにでもある注意書きと同じと思ったら大間違い!!

ここはホントに気をつけないといけませんよ~!!!
温泉成分、恐るべし(爆)


あっ!カランはありません。。。


画像

画像正面、向かって右側が温泉の出ている管
左が冷水・・・・・これめちゃめちゃ冷たくて
手を付けていられないほどでした。




お湯は 熱めの温度だったけど入れない事はない(^^)
が、どなたもいらっしゃらないので、冷水を汲んで
少しだけうめさせていただいた。。。うん♪これでゆっくり浸かれる


湯口からお湯を手に受け口に含んでみると
チョビッと酸味が広がりあとから苦味があるって感じ。


ゆっくりのんびり浸かろうと思ったけれど、
めちゃくちゃ温まり いつまでも浸かっていられない(*^。^*)


こんな素晴らしい温泉を独り占めできるなんて
な~んて 「贅沢」 なのかしら♪♪





このあと、もう一軒の「鹿沢温泉宿」を目指そうとしたけれど

『学生が泊まっているので9月10日までダメ×』と
断られてしまった。。。。。。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ウナ
2013年08月24日 02:11
渋いデスね~

そう言えば鹿沢の温泉は一度も入った事が無いな、
高校の頃毎日鹿沢行の電車に乗ってたのに…
あぶ
2013年08月24日 11:36
女性用のほうはピンクの桶ですね♪湯船の大きさは写真で見た限り同じですが、実際は多少の差があったんでしょうか?体格の比率かな?昔一人暮らしのときのアパートのお風呂(お風呂がありました♪)からすればどちらも巨大です♪
2013年08月24日 22:36
ウナさん、こんばんは♪
温泉雑誌がなかったら訪れる機会はなかったかと(>_<)内湯一つでしたが、ゆっくりと浸かれて大満足です♪

鹿沢行の電車・・・そのまま終点まで行ってみたいと思った事はないですか?私はバスだったので、最終地点が高校のすぐそば。電車での通学・憧れましたね~(*^。^*)
2013年08月24日 22:43
あぶさん、こんばんは♪
男性用はグリーンでした^m^ 載せきれなかった画像で発見!言われなければそのまま見逃してましたよ~、アリガトウです♪
浴槽も、大いに私の僻み根性が悪さをしているようで(^^;画像で見た限り同じだと思えます(笑)

自宅のお風呂だってこれよりも全然小さい訳ですし、源泉かけ流しを独り占めできている事に感謝しなくちゃ。。。です♪
ウナ
2013年08月24日 22:52
うーん
あのころは無かったかな~
学校楽しかったし、

今は朝あまりに天気が良いと会社を通り越して何処かに行きたくなります。
2013年08月25日 00:20
ウナさん、お返事ありがとうございます♪
あの頃のまま成長もせず、いまだに現実逃避を考えているのは・・・・・・・・・・私だけ(*_*)。。。(苦笑)
ONKEN21
2013年08月31日 11:08
ここは6月末に休暇村の割引で入りましたね。
温泉博士に載ったとは驚きました。
http://9118.teacup.com/onken21/bbs/5503
鹿沢温泉湯元に残る唯一の宿、新鹿沢温泉はそこから長々引湯。
とにかく湯元らしいすばらしいお湯でしたね。

ところで新鹿沢温泉の温泉博士は9/10まで利用不可ですか。連休もダメそうだし、平日3日間くらいしかないですね。貴重な情報ありがとうございます。
以前の号でもこことは別の2軒が参加してましたが、鹿鳴館はどんどん受け入れていたのに、片一方は電話予約のみと断っていましたね。
あと四万温泉の温泉博士も結構入るのが難しいみたいです。
2013年08月31日 21:47
ONKEN21さん、こんばんは♪
こちらのお宿は電話口で『どうぞどうぞ♪』って感じでとっても親切だったのですが、もう一方は団体さんが入っているらしく断られてしまいました。こちらの対応が悪かったのか?も知れませんので確認してくださいm(__)m

以前の号で2軒とも入れましたよ~、その後のONKEN21さんのブログで「入れなかった」事を知りましたが たしかに鹿鳴館さんの方は親切でした。

四万温泉も難しいですか(>_<)
「事前の確認」すらハードルが高いのに、電話口で冷たく断られたら気持ちも落ち込んでしまいます(^^;

この記事へのトラックバック